アイロンプリント

ステッカー

写真関係

クリスタルプリント

ちぢめてキーホルダー・ちぢめるカード

学校教材・工作グッズ

名入れグッズ

業務用転写紙・機器

レーザー用転写紙・カッティングシート

レーザー用転写紙・カッティングシート

プレス機・レーザープリンター

白トナー

PrinterStation5+Ripソフト

蛍光トナーシステム

抜ける水転写シール

抜けるTattooシール

レーザープリンタ用フィルムシール

昇華プリント

その他

ジュエリーシール

刺繍ワッペン

プリント素材等

ミニTシャツ

ホビー手芸関係

越前和紙

ラメシート(ハーフカット)

アイロンラバーマーク

お名前アイロンプリントシール作成

イベント別に作りたいものを探す

職種別に作りたいものを探す

TOP >プリントのコツピックアップ > いろいろな生地にプリントしてみました

プリントのコツピックアップ

いろいろな生地にプリントしてみました

アイロンプリント用紙をいろいろな生地にプリントしてみました。
どれもプリントすることは出来ますが、生地によっては洗濯耐久性が通常より落ちるものもありますのでご注意ください。

パイル生地のバスタオルにプリント

タオルなどのパイル生地にプリントする場合は、洗濯前はくっついているように見えますが
実際にはパイル繊維の上に乗っかっているだけの状態なので、洗濯により剥がれが生じる場合があります。

黒・濃色生地用アイロンプリントシール
黒・白共用アイロンプリントシール
白・淡色生地用アイロン転写シート
洗濯につよいアイロン転写シート
黒・白共用アイロンプリントシール 洗濯につよいアイロン転写シート


プリントを出来るだけ長持ちさせるためには、タオルの縁などのパイル部分以外にプリントすることをおすすめします

ブランケットにもプリントすることは可能ですが、洗濯耐久性は多少落ちるかもしれません。
写真のプリントでブランケットの模様が透けたように見えるのは、ポリエステルによる再昇華の為です。
プリント後何回か洗濯をしていますが、今のところまだしっかりくっついています。

デニムにプリント

デニム生地は表面の凹凸が激しいので、濃い色のデニムにプリントした場合、凸部分がプリントに影響します。生地の凹凸が気になる場合は、下に印刷をしていないシートを貼ってからその上に印刷済みのシートをプリントするようにしてください。

黒・白共用アイロンプリントシール 「黒・白共用アイロンプリントシール」
黒・白共用アイロンプリントシール 洗濯につよいアイロン転写シート

デニムにプリント

デニムにプリント
アイロンプリントマーク(白フチタイプ)はアイロンプリント.comで取り扱っている商品です。

キルティングにプリント

キルティング生地は縫い目の部分がほんの少し凸凹している為、その部分の圧着が弱くなりがちなので、しっかりプレスしてください。
写真で縫い目がプリントの表面に見えているのは、糸がポリエステルの為、再昇華したものです。(再昇華についての詳しい説明はこちら)

黒・濃色生地用アイロンプリントシール「黒・白共用アイロンプリントシール


オーガンジーにプリント

淡いピンクの薄いオーガンジーの生地にプリントしてみました。透明感のあるプリントに仕上がります。
プリントは裏からも透けて見えます。

白・淡色生地用アイロン転写シート
洗濯につよいアイロン転写シート
オーガンジーの裏から見たところ

スパッツにプリント

黒・濃色生地用アイロン転写シート
黒・白共用アイロンプリントシール
生地を伸ばした所
生地と一緒にシートも伸びるので
洗濯にもつよいのです(*^_^*)

プリントできる生地

ポロシャツ等の鹿の子生地にもOK 綿ブロード
生地の伸びが少ないのでプリントに適しています。

 

キャンパス生地のトートーバックは、白い色の生地の場合でも
黒・濃色生地用のアイロンプリント用紙をご使用ください。
白・淡色生地用のアイロン転写紙はくっつきにくい場合があります。

 

綾テープ(布テープ)などに貼れば、タグ風に…

使用用紙:洗濯につよいアイロン転写シート
画像に沿って用紙を切り取ってしまうと、シートが乗っている部分と、乗っていない部分の境目がくっきりしてしまいますので、テープの幅にピッタリ合うように(テープ全体に)プリントすると仕上がりがきれいになります。
タグ
中央部分より左側にプリントしてあります。
テープ全体を覆うことがポイントです。

 

CRをポリエステル100%生地にプリント

カラーレーザープリンタ 淡色生地用転写紙CRをポリエステル100%の生地にプリントしてみました。
プレス機を使ってプレスしました。

ポリエステル100%生地にプリント

四角くなっている部分がプレス機のコテ面の大きさです。ポリエステルは熱をかけると縮みますので
プレスすると境目の部分に若干しわが出ます。しわが気になる場合はアイロンがけをすると目立たなくなります。
アイロンがけをする際にはプリント部分に直接アイロンがあたらないようにご注意ください。

ポリエステル100%のニット生地にプリント(上の写真の拡大版です)

ポリエステル100%のポンジ生地(のぼり旗に使われる生地)にプリントしました。

ポンジ生地 拡大