アイロンプリント

ステッカー

写真関係

クリスタルプリント

ちぢめてキーホルダー・ちぢめるカード

学校教材・工作グッズ

名入れグッズ

業務用転写紙・機器

レーザー用転写紙・カッティングシート

レーザー用転写紙・カッティングシート

プレス機・レーザープリンター

白トナー

PrinterStation5+Ripソフト

蛍光トナーシステム

抜ける水転写シール

抜けるTattooシール

レーザープリンタ用フィルムシール

昇華プリント

その他

ジュエリーシール

刺繍ワッペン

プリント素材等

ミニTシャツ

ホビー手芸関係

越前和紙

ラメシート(ハーフカット)

アイロンラバーマーク

お名前アイロンプリントシール作成

イベント別に作りたいものを探す

職種別に作りたいものを探す

TOP > レーザープリンタ用転写紙 > 箔シート  【注文カートはページの下にあります】

箔シート

金箔・銀箔・オーロラ箔・カラー箔(プリント用)

特長

業務用抜ける転写紙MPプラスタータイプSでプリントした後に、箔シートを乗せてプレスする事により
金や銀・カラー・ホログラムなどのメタリックなプリントに仕上がります。
このシートには印刷しません。
箔シートのみでは衣類にプリントする事はできません。(転写紙の下地の上に箔加工します)
プリントの際にはプレス機の使用をおすすめします。

箔シートプリント見本

使い方

箔シートオンライン注文

金箔シート

金箔シート

1mカット販売
サイズ:30cm幅

金箔シート
銀箔シート

銀箔シート

1mカット販売
サイズ:30cm幅

銀箔シート
箔シート レッド

箔シート レッド

1mカット販売
サイズ:32cm幅

箔シート ブルー

箔シート ブルー

1mカット販売
サイズ:32cm幅


箔シート ピンク

箔シート ピンク

1mカット販売
サイズ:32cm幅

箔シート グリーン

箔シート グリーン

1mカット販売
サイズ:32cm幅


箔シート スカイブルー

箔シート スカイブルー

1mカット販売
サイズ:32cm幅

レッド・ブルー・ピンク・グリーン・スカイブルーの箔シートは、洗濯後若干色落ちする場合がありますのでご了承ください。

オーロラ箔シート

箔シート スカイブルー


見る角度によって色が変わります

サイズ:30cm幅×75cm
(75cmカット販売)

75cmの価格です

現在、在庫がありません。

オーロラ箔シート


箔シート

左から、銀箔・金箔・オーロラ・ピンク・グリーン・レッド・スカイブルー・ブルー

箔シートプリント見本


箔押しプリントに最適な転写紙 Type-s

MPプラスタータイプS(レーザープリンターとプレス機が必要です)

A4サイズ お試し5枚セット

A4サイズ 50枚セット


使い方

箔シートは単独では生地にプリントする事ができません。
下地として業務用転写紙やアイロンプリントシールが必要です。

下地として適している用紙

MPプラスタータイプS (抜きプリントの上に箔加工ができます)
業務用抜ける転写紙MPプラスター タイプD (抜きプリントの上に箔加工ができます)
黒・白共用アイロンプリントシール(ハサミ・カッター等でカットしてください)

箔加工の際には、プレス機のご使用をおすすめしますが、丁寧に熱と圧力を加えられればアイロンでくっつけることも可能です。

【黒・白共用アイロンプリントシールを使って抜き文字ゴールドプリントを作る場合】

背番号の作り方を参考にして抜き文字を作ります。

(1)アイロンシールの表を赤色1色で印刷します。(金箔加工後に箔抜け部分を目立たなくする為)
シートを黄色く印刷してもOKです。
使い方

※銀箔加工をする場合は、青1色でプリントしてください。
※オーロラの場合は、色は付ける必要はありません。

(2)アイロンシールの裏面にプリントしたい文字の輪郭を反転印刷します。

使い方

(3)輪郭に沿ってカッター等で切り抜きます。

使い方

(4)切り取ったアイロンシールの裏紙を剥がします。

使い方

(5)生地に、アイロンシール→金箔シート→仕上げシートの順に重ねます。

アイロンシール

アイロンシール

金箔シート(金箔面が上)

金箔シート(金箔面が上

仕上げシート(エンボス面が上)

仕上げシート(エンボス面が上)

金箔シートはアイロンシールより一回り大きめにカットして金箔面を上にして載せます。
仕上げシートは、エンボス面が金箔シートにあたらないように、通常アイロンをあてる面を金箔シートにあててください(表面が上になるように)

(6)アイロンでプレスします。(中温で1ヵ所5秒を2回。全体重をかけて)

※プレスの際に圧力が足りないと、箔がうまくプリントされないので注意!

(7)完全に冷めてから、金箔シートを剥がすとアイロンシートの部分のみが箔加工されます。
(箔シートの表面の薄いフィルムが剥がれます。)




金箔加工して、剥がした後のシートアイロンシールの部分の箔が剥がれて薄いフィルムだけが残ります。

(8)金プリントを少しマットな感じに仕上げたい時には、仕上げシートのエンボス面を
金プリントにあててアイロンでプレスします。

下の写真くらい金箔加工がされていれば成功です。
アイロンシールの下地の赤がうっすらと見えています。
最後に仕上げシートのエンボス面をあててアイロンをかけると金箔プリントが凸凹してマットな感じに仕上がります。下地の色も多少目立ちにくくなります。
金箔プリント
金箔プリント

銀箔加工をする場合は、下地の色を青にすると目立ちにくくなります。
オーロラ箔加工をする場合は、下地の色はつけなくてもいいです。
箔プリントは永久的なものではなく擦れや洗濯等ですこしづつ剥離します。
加工後は箔部分を擦ったり、揉んだりしないでください。
Tシャツ等に箔加工した後は、裏返してネットに入れて洗濯してください。

【番外編】 箔シートの意外な使い方

衣類にプリントする以外の使い方をご紹介
箔シートはトナーに反応してくっつくので、レーザプリンタ又はコピー機で印刷した部分に
箔シートを乗せてその上にくっつかないようにオーブンペーパーのようなつるつるした紙を
のせアイロンで熱をかけると、下記のように印刷部分を箔加工する事ができます。
(インクジェットのインクでは箔加工はできません)
トナーの種類によってはアイロンでくっつきにくい場合があります。
弊社推奨ラミネーターのご使用をおすすめします)

左がレーザープリンタで印刷しただけの状態
真ん中が箔加工後
右は箔加工後のシート(これは捨てます)

箔加工でちょっとおしゃれなメモ紙の作り方はこちら

抜ける転写紙+箔加工
抜ける転写紙MPプラスタータイプD + ピンク箔加工
MPプラスターの色のない部分は箔の付が少し弱いです。
上記の写真では元々ドクロの周りと目の部分はグレーの色が付いているのでしっかりと箔が付いて、
白い部分は少し薄めに箔が乗っています。


MPプラスター タイプS使用。レーザープリンターとプレス機をお持ちの場合はタイプSでの箔加工が一番手軽です。