アイロンプリント

ステッカー

写真関係

クリスタルプリント

ちぢめてキーホルダー・ちぢめるカード

学校教材・工作グッズ

名入れグッズ

業務用転写紙・機器

レーザー用転写紙・カッティングシート

レーザー用転写紙・カッティングシート

プレス機・レーザープリンター

白トナー

PrinterStation5+Ripソフト

蛍光トナーシステム

抜ける水転写シール

抜けるTattooシール

レーザープリンタ用フィルムシール

昇華プリント

その他

ジュエリーシール

刺繍ワッペン

プリント素材等

ミニTシャツ

ホビー手芸関係

越前和紙

ラメシート(ハーフカット)

アイロンラバーマーク

お名前アイロンプリントシール作成

イベント別に作りたいものを探す

職種別に作りたいものを探す

TOP >レーザープリンタ用転写紙 > 黒・白共用抜ける転写紙MPプラスター タイプD

レーザプリンタ用抜ける転写紙MPプラスターの作り方(黒・白生地共用)

ステッカー作成シートホワイト ステッカー作成シートのご注文はこちら   

MPプラスター タイプD(COPRI)の作り方説明です。

【セット内容】 ・MP99シート ・プラスターシート ・クリーニング透明フィルム ・フォースインペーパーS

A4サイズ商品に同梱されているフォースインペーパーSは梱包の都合上折り曲げて入っておりますが
使用には差し支えありません。

STEP1:デザインを用意します

MPプラスター タイプDの使い方 COPRIの使い方 COPRIの使い方

(1)デザインを左右反転してMP99シートにカラーレーザープリンタで印刷します。

(2)同じデザインを白黒にして、お手持ちのコピー用紙(普通紙)にレーザープリンタで印刷します。

モノクロデータはプリントする際に不要な部分を黒くしてデザイン部分を白くします。

>>> モノクロデータの作り方(Photoshop編)   >>> モノクロデータの作り方(Illustrator編1)

STEP2:熱と圧力で柄を抜き取ります

(3)プラスターシートとコピー用紙を合わせてプレス機でプレスします。
プレス温度・時間:125℃ 20秒

(4)ひっくり返してもう一度プレスします。
125℃ 5秒

(5)熱いうちに剥がす

用紙が冷えないようにすばやくプレス機の上で剥がします。

※熱と圧力をかけることによりトナーとプラスターシートが反応してコピー用紙にくっつきます。

プリントに必要な白のり部分だけが残ります。


 

STEP3:不要な部分の糊残りを除去します。

 

STEP4:色をつけます

(8)プラスターシートの『白のり部分』とMPシートに印刷した色部分を合わせます。

光に透かしながらあわせた方がずれがなくきれいに仕上がります。

必要であれば端の方をテープで止めてずれないようにしてください。
プラスターシートは熱をかけると若干縮むので大きな画像は合わせにくい場合があります。カットできるデザインの場合は、プラスターシートをカットして貼り合わせたほうがきちんと合わせることができます。

(9)合わせた2枚をプレスします。
(10)完全に冷めてからプラスターシートをめくります。

 

STEP5:布地にプリント

(11)プリントしたい場所に配置しプレスします。
125℃ 20秒

(12)完全に冷めてからMP99シートを剥がす

(13)完成

 

クイックアートでは、モノクロ印刷をするコピー用紙に「カラー複写機用紙 CL-500」を使っています。
ある程度のコシと平滑性がある用紙があるのでおすすめです。(セット商品には必要枚数が同梱されています)
CL−500

印刷したMPシートと白のりプラスターシートをあわせる時に↓ このようなライティングパネルがあると便利です。

■LEDライティングパネル
A4サイズ 1台 20,367円

ライティングパネル LEDライティングパネル

LEDライティングパネル(クリアフレーム)

フレームサイズ 280×367mm

A4サイズ

A4サイズ用
1台


抜きの部分が少ないデザインの場合で、プレスの際に空気が入りMPプラスターの
裏紙を剥がした時にトナーも一緒に剥がれてしまう場合の対処方法

転写紙

STEP4のプレスの際に空気が入ってしまうと2枚の紙が密着しない部分ができ、
トナーがMPシートの裏紙を剥がした時に一緒に剥がれてしまう場合があります。

以下の手順で作業することにより2枚の紙の密着度が高くなり抜けがなくなります。

使い方裏業 使用できるラミネーターはこちら

 

白のり部分と柄を
合わせる

テープ等で貼り合わせ
ラミネーターに通す

プレス機でプレス

冷めてから剥がす



【MPプラスタータイプD白ノリの作り方裏技】

STEP2でプラスターシートとモノクロ印刷したコピー用紙を貼り合せる工程はラミネーターでもできます。
ラミネーターを使う場合、排紙口ですばやく2枚を剥がす必要があるので、モノクロデータを作る時に
給紙側に少し余白を設けておく必要があります。(排紙口で持ちやすくする為です)

撮影に使用したラミネーターは普通に市販されている安価な機種です。 アイリスオーヤマ LTA42E(指定機種)
その他の機種の場合、温度やその他の要因によりうまく作れない場合が多いです。個々のラミネーターの設定につきましては弊社ではわかりかねますのでご質問等に回答ができませんのでご了承ください。

商品に付属している説明書がダウンロードできます(PDF形式)

MPプラスタータイプD

濃色生地用抜ける転写紙MPプラスタータイプD
MPDA4/MPDA3…