MPプラスターシリーズについての質問まとめ

抜ける転写紙MPプラスターTypeW抜ける転写紙MPプラスターTypeB抜ける転写紙MPプラスターTypeS白トナー

MPプラスターシリーズ(抜ける転写紙)はどのような生地にプリントできますか?

転写紙により下記の特長があります。Type-Wが一番汎用性がある転写紙です。

Type-W — 綿・ポリエステル・ナイロン生地にプリントできます。表面に撥水加工がされている生地は不向き
Type-B —  薄手の生地(イベントブルゾンなど)に適しています。Type-Wを使用していて生地の裏まで糊が突き抜けてしまうのが気になる場合にご使用ください。
Type-C — Type-Wでは転写が難しいキャンパス生地などの厚手の生地への転写に。洗濯堅牢度が多少落ちるので、洗濯をあまりしないもの向け。
Type-S — メタリック加工をする為の転写紙です。
Type-D — 白トナーがなくても白いプリントができる転写紙です。糊部分とカラー部分を目視で合わせる必要があります。

抜き工程はアイロンで出来ますか?

小さいサイズのものでもアイロンではできませんので、プレス機もしくは弊社指定のラミネーターをご使用ください。

洗濯には強いですか?

MPプラスターType-Wの洗濯堅牢度はトップの5級です。エンドユーザー様向けの洗濯時の注意点もご参照ください。


他社の抜ける転写紙と同じものですか?

弊社の転写紙は国内製です。他社様の転写紙は海外製の物が多く見受けられます(2020年9月現在)


生地にプリントした後はひび割れたりしますか?

転写紙はウレタン製で柔らかいものですが、プリント後意図的に引っ張ると生地の伸びについていけずにひび割れてしまいます。通常脱着やお洗濯でのひび割れは少ないです。


洗濯で剥がれますか?

手順通りにプリントして、洗濯のご注意事項をお守りいただければ剥がれる事は少ないです。
プリント部分に直接アイロンをかける事はできません。また、乾燥機はご使用になれませんのでご注意ください。


アイロンでMPプラスターシリーズは使えますか?

生地へのプリントはアイロンでもできますが、その前段階のトリミング作業(抜く工程)はプレス機が必須です。


どのプレス機でも抜き工程はできますか?

弊社のオリジナルプレス機で抜きマークがある機種に関しましては1台1台確認の上、転写紙の抜ける圧力に調整して出荷しております。他社のプレス機については自動機であれば比較的良好ですが、種類が多いですので分からない場合もございます。


ラミネーターは必要ですか?

ベタが多いデザインの場合やA3サイズの場合は2枚の貼り合わせの際に空気が入り、糊がイラストに付かないピンホールができる事があります。事前にラミネーターを通す事でピンホールを防ぐ事ができます。


どのラミネーターでも大丈夫ですか?

プレス機でトリミングする前のピンホール防止の為のラミネーターなら、一般的なホットラミネーターであれば代用できます。トリミング(抜き)工程の為のラミネーターは弊社で販売している、抜けるラミネーター以外はお使いになれません。


転写紙は再利用できますか?

一度使用した転写紙は再利用できません。


白はプリントできますか

抜ける転写紙は、デザイン部分のトナー濃度が80%以上は必要です。白や淡い色のデザインをプリントしたい場合は、白トナーや透明トナーが必要です。