ニット帽へのプリント① なぜ難しいのか?

こんにちは。

クイックアートの企画室の飛山です。

今回は、冬のアウターの定番であるニット帽へのプリントをご案内します。

 

「難しいんじゃない?」と思った方は、正しい直観だと思いますw

 

ただ諦めず、できる方法を考えるのがプリント業の道。

ここでニット帽が難しい理由を考えましょう

①生地が凸凹 生地が厚い 生地が固い

ニット帽の中でも、上記のものは転写した後に剥がすことが難しいです。

価格帯が高いアウトドア系のものは、しっかりした作りで、転写ができない(その必要もない)ものです。

②被ったら伸びる

プリントで、怖いのがイラストの割れ。特にプリント作業時と使用時で違うのは要注意。ニット帽はこれに該当。

③ノウハウが少ない

そもそもニット帽へのプリントの依頼って少ないですよね?

ニット帽=無地というイメージや、黒など暗色が多いためプリントする発想にならないのでしょうか。

簡単にまとめると

「生地が固くて、割れが怖くて、やった事がない」という案件ですw

次回は、上記の課題のクリアがテーマです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です