アイロンプリント

ステッカー

写真関係

クリスタルプリント

ちぢめてキーホルダー・ちぢめるカード

学校教材・工作グッズ

名入れグッズ

業務用転写紙・機器

レーザー用転写紙・カッティングシート

レーザー用転写紙・カッティングシート

プレス機・レーザープリンター

白トナー

蛍光トナーシステム

抜ける水転写シール

抜けるTattooシール

レーザープリンタ用フィルムシール

昇華プリント

その他

ジュエリーシール

刺繍ワッペン

プリント素材等

ミニTシャツ

ホビー手芸関係

越前和紙

ラメシート(ハーフカット)

アイロンラバーマーク

お名前アイロンプリントシール作成

イベント別に作りたいものを探す

職種別に作りたいものを探す

TOP > アイロンラバーマーク > アイロンラバーマークの使い方

使い方のコツ

アイロンラバーマークの使い方

アイロンラバーマークとは…

ラバーシートで作ったアイロンで生地に接着できるマークのことです。

お届けの状態では四角いシート状になっていますが、切込み(ハーフカット)がはいっているので
不要な分を取り除いてプリントします。どこを剥がすが考えながら取り除く作業が結構楽しいです。

使い方

STEP1

アイロンラバーマークの不要な部分をピンセット等で取り除きます。細かい所は慎重に作業してください。
剥がす部分を間違えないようにご注意ください。必要な部分が取れてしまった場合はマークの表裏に注意して
元通りの場所に配置してください。(フィルムに粘着があるのでくっつきます)
マークは少し光沢のある面が生地にあたる糊部分です。(透明粘着フィルムの面がプリントの時に表になる面です)

剥がす場所をかえる事により2通りのデザインで楽しめます。

アイロンラバーマークの使い方

切れていない部分がある場合は、カッターでなぞって切り込みを入れてください。

STEP2

プリントしたい場所にアイロンラバーマークを置きます。
フィルム面が上(アイロンがあたる面)になるように配置してください。

いちごと枠を別の所にプリントしたい場合はカッターで透明フィルムごと切り取ってください。

アイロンラバーマークの使い方

STEP3

アイロンでプレスします。(アイロンの温度は中温で1ヶ所5秒を2回、全体重をかけて)
スチームは使用しないでください。

生地が熱に弱い場合はオーブンペーパーのようなものかあて布の上からアイロンでプレスしてください。
写真のタンクトップ(綿素材)は直接アイロンをあてています。

※プレスの際には柔らかいアイロン台は不向きです。
 硬い台(机等)の上に新聞紙1日分を敷いたくらいの硬さがちょうどいいです。

STEP4

熱いうちにプリントされている事を確認しながらフィルムをゆっくり剥がします。

STEP5

仕上げにもう一度プレスします。(中温。1ヶ所5秒を2回 全体重をかけて)

マークの上に直接アイロンをかける事ができます。

 

完成

 

STEP1で剥がしたほうのマークをプリントする場合

少しだけ光沢がある面に糊がついているので、その面を生地にあたるようにマークを配置して
アイロンでプレスしてください。(温度は中温。1ヶ所5秒を2回 全体重をかけて)

※マークの上にアイロンを直接かける事ができますが、生地が熱に弱い場合はあて布かオーブンペーパーの上からプレスしてください。

剥がした方のマークがバラバラになっていて配置が分からなくなった場合は、フィルムに残っている方のマークをプリントした後に剥がした透明粘着フィルムに配置してください。(少し痕がついているので配置が分かりやすいと思います)

例えばいちごのマークなら、下記2パターンのデザインでマークが作れますが、右の方を透明フィルムに残すと
剥がした方のマークが使いやすいです。(画像は裏から見ている状態なので反転になっています)
いちごいちご

↓こっちのデザインなら生地に配置がしやすいです。

↓こっちは生地に配置が面倒です。(パーツが小さくなるほど表裏が分かりにくくなります)

いちご

これを使いたい場合は、使用後の透明粘着フィルムに貼り付ける方がいいです。
透明粘着フィルムには痕が残っているので配置しやすいです。光沢の無い方を透明粘着フィルムにつけてくださいね。

アイロンラバーマークのページに戻る